My memory living in USA【Part56】Las Vegas #3

ブログ
ブログ
ブログ
ブログ

ゴールデンカードをしっかり握って館内探索。

ジョアンが足を止めました。なんとtatoo専門店

そう言えばアメリカの女性でtatoo入れていないのは

珍しい。小声でtatoo入れてみたい・・・・

何を入れるつもりだろ❓ ちょこっと聞いてみたらまだ決めてない様子で全身tatooの女性に何やら話しかけている。

僕の方を見て二人でニヤニヤ・・・・

決まったみたい。インディアンの血を受け継いているのか

肩の背中にナバホインディアンを入れることで決定!

時間は3時間料金は300ドル

すぐに始たい様子のジョアン。3時間待っているのも疲れるし

おじーちゃんに教えてもらったギャンブルに挑戦しよう。

一人で寂しいしちょっと怖いし・・・・どれにしようかな

可愛いい女の子がディーラをしているテーブルが目に入り

そこに決めたー ブラックジャックテーブルには三人のお客が座り、葉巻やお酒を飲みながら勝負を楽しんでいる様子。

決めた掛け金300ドルにしてディーラーにチップに交換してもらう。5ドル、10ドル、20ドルで300ドル分交換してさあー

勝負のスタートです。なんかソワソワ落ち着かない

気持ちが多分高揚しているのと初体験のギャンブル。

日本では麻雀が一番好きなゲームでしたがここはラスベガス!

まずは10ドルをテーブルに置きました。その他の人は50ドル  

ティップもいれば10ドルの人もいる。

僕最低の掛け金・・・・

2枚のカードが配られた瞬間何とスペードと絵札の21。

やったー!!!10ドルが25ドルに幸先いいぞー

ディーラーは17で三人のうち二人は負けで一人は勝ちました。

次も同じ10ドルティップをテーブルに。

今度は8と6足して14なのでヒットの手招きでもう一枚

次のカードは6。合計20なので勝つ確率は高い。

ディーラーは合計16。もう一枚引かなければならないルールなのでもう一枚。絵札でした合計26でマタマタディーラの負け

10ドル儲かりこれで合計25儲けた勘定。

これはいけるかな・・・・・・・ウエイトレスがテーブルに来て

何か飲みますかと聞いています。もちろんビールを注文

ギャンブルをしている人は全部フリーと来たもんだ。3回目

少し掛け金を上げて20ドルティップをテーブルに

配られたカードがエース2枚・・・・すぐさまスプリット

プラス20ドルをテーブルに。心の中で絵札コイコイです。

ディーラは1枚が絵札の10、もう一枚は見えません。

来ました・・・・一枚目絵札でブラックジャック30ドルgetです

もう一枚は7なので合計18ここでstop

さあーディーランさんのもう一枚は8でした。合計18なので

僕との勝負は勝ち負けなし。損をしないで済みました。

この続きは次回持ち越しです


----------------------------------------------------------------------

beyond-journey

住所:神奈川県横浜市青葉区みたけ台3-7

リーンハーベスト206号室

電話番号:045-513-6764

----------------------------------------------------------------------